沿革

沿革

【沿 革】

________________________________________
1982年 (昭和57年)
北村透(当社研究主幹)がDIC(当時:大日本インキ化学工業)
にてフッ素樹脂研究開発に従事し始める。
________________________________________
1991年 (平成3年)
北村透が東邦建業(株)にて、光触媒の研究を開始。
________________________________________
2003年(平成15年)
北村透が光触媒の製造開発に成功、量産開始。
________________________________________
2005年(平成17年)
東邦建業(株)が(株)ピクセラの傘下に入る。
________________________________________
2013年 (平成25年)
国立研究開発法人
新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)による
「インド携帯基地局省エネ事業」に光触媒技術が採択。
________________________________________
2013年12月(平成25年)
ブルネイ政府による光触媒製品の技術移転及び応用開発事業が採択。
________________________________________
2014年7月(平成26年)
ブルネイ大学にてスマートコートプロジェクトが開始。

北村さん記事(HP)

________________________________________
2014年10月(平成26年)
米国特許第一号(屋根省エネシステムに関する特許)出願
________________________________________
2015年3月(平成27年)
米国特許第二号(地上でのカソード防食に関する特許)出願
________________________________________
2015年4月(平成27年)
米国特許第三号(窓用遮熱塗料に関する特許)出願
________________________________________
2016年4月(平成28年)
ブルネイ政府及びピクセラ(株)間にて、
商業化のための唯一の技術継承者として当社が認可される

________________________________________

2016年8月(平成28年)

日本国内事業の拡大に伴い、当社日本支店を東京・品川に設置。

 

PAGETOP
Copyright © Smart Coating Technologies (B) Sdn Bhd All Rights Reserved.